輸入雑貨

ヨーロッパ輸入雑貨でも人気の高い北欧の食器たち

■北欧ものは年々人気が高まっている ヨーロッパ輸入雑貨のなかでも人気の高いカテゴリは北欧系の雑貨です。ショップ数も多いので探しやすいという点も嬉しいですね。そんな北欧雑貨のなかでも、私たちの生活に溶け込みやすいのが食器類です。どれを見ても安心感を覚えてしまうのは、デザインや絵柄も日本人が好みそうな感性に近いからかも知れません。 「アラビア(フィンランド)」「グスタフスベリ(スウェーデン)」「ロールストランド(スウェーデン)」「イッタラ(フィンランド)」などのブランド食器・テーブルウェアもたくさんありますので、質の良いものを揃えていきたいというニーズにもしっかり応えてくれます。 北欧の食器の良いところは、食べ物が美味しそうに引き立って見えるところ、そして不思議ですが和食を盛っても違和感がないところですね。それだけ食器デザインの完成度が高いということなのだと思います。陶器系のものも良いですが、フィンランドのガラス工房から誕生した「イッタラ」などのガラスの器も非常に美しく見ているだけでも癒されます。ブランド食器やこれらのアンティークは、さすがに値段は高目ですが、手の届かない値段というわけではありませんので少しずつ買い足していく楽しみもあります。 食器類を集めてみたいけれど、どのテイストのものを揃えていくと良いか迷っている方は、北欧系のヨーロッパ輸入雑貨をチェックしてみると良いと思いますね。 ■アンティーク・ビンテージ食器は電話でもコンディションを確認しましょう。 北欧系のテーブルウェアには、アンティーク、ヴィンテージと呼ぶにふさわしい60年代〜70年代の製品を仕入れているヨーロッパ輸入雑貨店があります。ちょっとしたキズやカトラリースクラッチが気になるという方にはおすすめできませんが、こうしたものに味わいや価値を見いだせるという方には宝のような品々です。 ヴィンテージやアンティークはインターネットを通じて購入することもできます。通常販売ページには一点ずつ状態に関するコメントが記載されていますが、購入前にコンディションなどを問い合せて、ショップの対応などを確認しておくと良いでしょう。