輸入雑貨

北欧のキッチンウェア

■北欧ホーロー鍋と言えば「ダンスク(DANKS)」 ヨーロッパ輸入雑貨のなかでも北欧の生活雑貨に注目している方は多いと思いますが、食器・テーブルウェアと並んで人気があるのはキッチンウェアです。キッチンウェアのなかでも北欧らしいものと言えばホーローのお鍋です。 ホーローの鍋で有名なのはデンマークのダンスク(DANKS)です。ホーローというのは鋼板にシリカ(二酸化ケイ素)を主成分とするガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもので化学的耐久性に優れている点が特徴となっています。食器、調理器具以外にも浴槽やキッチンンク、カップボードなどの面材にも使用されています。特にデンマークのダンスクのお鍋は、ホーロー用の基板材のお厚みがしっかり確保されていることから、熱効率が良くムラのない調理が楽しめます。デンマークのホーロー製品の評価が高いのはデザインの美しさだけではないのですね。 ■「かもめ食道」でも使われていた「イッタラ」の鉄鋳物キャセロール もうひとつ有名な北欧のお鍋はと言うとフィンランドの「イッタラ」の鉄鋳物キャセロール(鍋)です。これは映画「かもめ食道」でも登場しているのですが、「かもめ食道」のロケ自体がフィンランドで行なわれていたわけですから、「イッタラ」の鉄鋳物キャセロールがここに出てこなければ、それ自体おかしいというぐらいフィンランドでは有名なお鍋です。 鍋本体は鉄鋳物ですが、内側は白いホーロー張りになっていること、そしてブナ天然木で作られている取手は取り外して鍋蓋を外すためにも使えるようにデザインされています。炊き込みご飯や、「かもめ食道」の時のように肉じゃがをつくることもできますし、ジャムづくリにも使える鍋で、本当に万能選手と言えるものです。 ただし日本では非定番品ということで、国内でこのキャセロールを探すなら輸入雑貨店でしっかり仕入れているところを見つけるしかありません。値段は37,000円ぐらいになるので高価と言えますが、一生付き合える鍋ですから、料理が好きな方ならムダな買い物にはならないでしょう。