輸入雑貨

イギリス雑貨を代表するティーウェア

ヨーロッパ輸入雑貨のなかでも、その国柄が伝わってくるのがイギリスではないでしょうか。イギリスの代表的な製品は日本でも馴染みの深いものもあります。たとえばウェッジウッドに代表される陶磁器はイギリス雑貨のなかでも品揃えが大変豊富ですし、注目度も高いアイテムです。 もちろんイギリスのティーウェアはウェッジウッドやスージークーパーだけではなく、もっと手頃なものでイギリスのアフタヌーンティー気分を満喫できるティーウェアがたくさんあります。 ポップな雰囲気とノスタルジックなデザインが人気のガブリエラ・ミラーはカップ&ソーサーで人気のブランドです。カップ&ソーサーの他にもケーキプレートなどもたくさんの種類を出しているロイ・カーカムは、英国陶磁器の本場ストーク・オン・トレントの伝統的な技術でつくられる陶磁器のブランド。印象的で植物の絵がロイ・カーカムの特徴と言っても良いでしょう。 現行品であれば、イギリスで人気の高いブランドティーウェアも、それほど高くありません。紅茶を楽しむ機会が多いという方は、いかにもイギリスらしい花柄のカップ&ソーサーを使ってみてはいかがでしょうか。 なおカップ&ソーサーでアンティークと言うと、大体50年代〜60年代にかけての製品になります。値段は2ランクぐらいアップになるのですが、5,000円〜9,000円といったところなので決して無茶な金額ではありませんよね。ロイヤルドルトン、ミントン、ロイヤルアルバート、ウェッジウッドなどのこの年代もものは、カップの形の花の絵柄も、もうひと手間考えられて作られている感じがします。 アンティークカップも今ではネットで購入する時代になりましたが、お店まで出向ける方は、一度じっくりアンティークカップの良さをその目で確かめておくと良いでしょう。