輸入雑貨

イタリアの真鍮小物

イタリア雑貨を語る上でもうひとつ外すことができないのが真鍮小物です。イタリアには今でも家族単位で運営されている小さな真鍮工房がたくさんあります。輸入雑貨の世界で真鍮小物はイギリスも有名ですが、イタリアの真鍮やイギリスのものと比べてやや弾力性には欠けるのですが、陶器などにも見られる芸術的なデザインの小物が多く、イギリスのものとはまた別の楽しみ方ができます。 イタリアの真鍮小物には、キーハンガーというカギのコート掛けのようなものがありますが、非常に手の込んだつくりとなっていてさすがイタリアで作られたものと言う感じがします。また小さなイーゼルもイタリアらしさが良くあらわれている真鍮小物です。 そのほかにも馬の置物や砂時計、ペーパークリップ、ハンドミラーや卓上ミラーなどもイタリア真鍮では良く作られているものです。 栓抜きや靴べらなどは昔の日本でも見られたようなものもあって、少し懐かしい感じすらありますが、共通していることはとにかく手が込んでいるとうこと、細かなディテールにもこだわってつくり込んでいるということです。こうした製品が今も数多く作られているイタリアという国は職人として生活するのであれば、最高な国と言えるかも知れませんね。 真鍮製品は、時が経つにつれ表面の酸化により独特の風合いがでてきますが、はじめのころの輝きを取り戻したい時や錆びてしまった場合は、市販の金属研磨剤や磨き布を使うことできれいになります。ラッカー処理をしていない真鍮製品なら、こうして磨いてあげると何年前の真鍮でも作った時の光沢が蘇ります。長く飽きずに持てる真鍮小物をイタリア輸入雑貨から探してみてはいかがでしょうか。