輸入雑貨

チェコの絵本

東欧諸国は日本にとってちょっと遠い国というイメージがありますから、ヨーロッパ輸入雑貨でも取り上げられることが少ないと言えるかも知れませんね。ただしチェコの絵本に関しては、日本でも人気があり、集めている方、折に触れて購入している方が意外に多いです。大きな書店で特集イベントが組まれることが(ホントに偶にですが)ありますし、東欧系の輸入雑貨ショップで見つけることができます。 チェコはフランツ・カフカを生んだ国でもあり、イヴァン・クリーマやミラン・クンデラなどの個性的な小説家を輩出する文学国でもあります。いっぽうで絵本、アニメーション作家も数多く活躍していす。 また生活雑貨としての壁掛けやオブジェには絵があしらわれているものが多く、その多くがどういうわけか絵本タッチなのです。またチェコにはユニークな画風のリトグラフもたくさんあります。こうしたチェコ雑貨などを見ると、チェコにおいては文学とアニメーションがごく自然に融合してきた下地があったのではないかということを想像してしまいます。 チェコの絵本は英語やスペイ語に翻訳されているものもあるのですが、絵だけでもインパクトが強いので、直輸入の絵本の絵だけを見ても楽しむことができます(もちろんチェコ語が読めればそれに越したことはないのですが)。 チェコの輸入雑貨には手芸用品などにも面白いものがたくさんあるのですが、絵本や印刷物には他の国ではなかなか見られないユニークなものが多く興味深いです。一度その扉を開いてみてはいかがでしょうか。