輸入雑貨

フランスのテーブルウェア

フレンチホワイトとでも言いたくなるような「メゾンブランシェ」のコーヒーマグや、ハニーブラウンと丸みのある形状が特徴となっている「ロティ」のマグやカフェオレボウル、半磁器として最高の品質を誇る万古焼と独特な色ムラですぐ分かる「4th Market ペルナ」など、個性的だけど飽きないで使えるテーブルウェアブランドが、フランス輸入雑貨で探すことがあります。 食器やカップとしては、すでに日本では定番的なデザインとして浸透してしまった「デュラレックス」グラスも、もとはといえばフランス直輸入でしか手に入らない頃もありました。手頃な値段で幾つあっても重宝する「デュラレックス」もオリジナルのものではプレーンな透明なグラスだけではなく、アンバーカラーのグラスもあります。この辺もフランス輸入雑貨店でぜひ見かけたら買っておきたいところですね。 フランスは蚤の市が盛んな国ですから、アンティーク食器は今でもたくさん見つけることができます。種類の多さではやはりカフェオレボウルが多くて、柄や色合いのフェード感は独特のものがあり、最近の品物にはない味合いを感じます。その他にもスープ皿などのプレート関係も状態の良いものが比較的多く仕入れられているのでチェックしてみると良いと思います。 ちなみにフランスのアンティーク食器は1900年以前のもの(1890年代など)も見つけることができます。値段も手に届かない金額ではありませんので、蚤の市を歩いている気分で、手頃なアンティークを探してみてはいかがでしょうか。