輸入雑貨

アメリカの中古家具

■ミッドセンチュリー アメリカ輸入雑貨ショップにはインテリア雑貨のようなあまり場所をとらないアイテムも揃えられていますが、輸入中古家具となると家具専門に扱っているショップを見たほうが良いでしょう。 アメリカ中古家具で非常に人気が高いのは、「ミッドセンチュリーテイスト」の家具で、代表選手はやはりイームズで、状態の良い椅子などは入荷と同時に売れてしまいます。50年代のイームズを手に入れるのなら、入荷次第優先的に検討させてもらえるように、輸入雑貨・輸入家具店の方と関係をつくっておく必要があるでしょう。 50年代〜60年代の家具はアメリカに限らず、ヨーロッパのものも非常に人気がありますよね。人気の理由は、デザインの美しさと機能性がここまで高いレベルで融合している時代が他にないからなのでしょうが、この自体のアメリカの家具は北欧家具に影響を受けていることも明らかです。その意味で、ミッドセンチュリーの家具が好きな方は、最終的に北欧の中古家具に向かっていくのかも知れませんね。 ■沖縄のアメリカ家具店 輸入雑貨というジャンルではなくなってしまいますが、アメリカの家具を購入したい方なら誰もが注目するのが、米軍施設やアメリカ領事館などで使用されてきた家具(軍放出品)を購入できる沖縄の中古家具店です。これらの家具は簡単なリペアが施されたものもありますが、リメイクを行いある意味でオリジナルな家具として生まれ変わっているものもあります。 ただしこれらのほとんどが、材質・デザイン・機能性において素晴らしいものなので、アメリカンテイストが好きだとかということに関係なく、誰にとっても興味深いものとなるはずです。本土への配送ももちろん行なわれていますので、家具を検討している方は、一度は見ておいたほうが良いでしょう。